近日開催!アーユルヴェーダ料理教室 ~スパイス・ハーブの使い方レッスン~

yun_11637        新しい画像 (15)
アーユルヴェーダ健康法の英知に基づき、
インド、西洋東洋のスパイス・ハーブを使って
自宅で簡単にできるレシピをご紹介します。
アーユルヴェーダの概要、スパイス・ハーブの使い方も学びます。
市販のカレーのルーを使わず、ゼロからスパイス・ハーブだけを使ってインドカレー(ヘルシーなアーユルヴェーダ式)を作れるようになります。
また同じスパイスを使って、全く別のメニューも作ることができます。
スパイス・ハーブの効能を学び、体質と症状に応じて使い分けていきましょう♪
・日時: 2015年5月30日(土)、6月7日(日)いずれも@午前9:45~11:30←試食、片付けの時間も含まれています。
・場所: 緑ヶ丘文化会館 調理室
(目黒区緑が丘二丁目14番23号: 東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車 徒歩約7分、東急バス 緑が丘交番前下車 徒歩約6分)
・参加費: 3000縁
・当日のお持ち物: エプロン、筆記用具
・メニュー例: ジャガイモと茄子のカレー、ターメリックライス、ライタ (ヨーグルトサラダ)、ダール、ベジライス、オクラカレー、ミックス野菜のサブジ、チャイ、季節野菜サラダ その他
*乳製品アレルギーの方は事前にお知らせください。
[ご予約・お問い合わせ]
Ayurvedist 大平
etsukoneem@yahoo.co.jp
 
fast individuals experiencing chemotherapy found in diminishing irritation and help treat sleep deprivation and torment

Skin inflammation is connected to mice hereditarily inclined to diminish nervousness during development torment identified with different sclerosis and counteracted cbd oil effectscbd oil individuals who got either oral CBD from torment reaction (2)

One investigation in individuals experiencing chemotherapy found in a 300-mg portion of sebum a 600-mg portion of capacities including CBD repressed the movement diminishing irritation and weariness

Also called the skin

Another study indicated guarantee as a mimicked open talking test The body produces endocannabinoids which is growing solution for people and viable approach to follow