アーユルヴェーダとは?

名称未設定5

アーユルヴェーダとは、古代インドの伝承医学のことで、私たちが健康で幸せに長寿を達成できるように、病気やストレスに負けない心と体作りの方法についての智慧を教えてくれます。その教えは、何千年もの間、師から弟子に口頭で受け継がれてきました。

世界保健機構(WHO)は、アーユルヴェーダを世界最古の科学的で包括的な保健医療システムと呼んでいます。そして、代替医療として正式に奨励しています。アーユルヴェーダは中国、ギリシャ、アラビア、チベットなど、世界各地の伝承医学に影響を与えてきたと言われていままた、現代医学、中医学、ナチュロパシー、カイロプラクティック、マッサージ、アロマセラピー、その他の関連療法、ホメオパシー、カウンセリング、心理学など、さまざまな分野の健康法の理解と実践を深める上で、アーユルヴェーダは非常に有益であると言われています。

「アーユルヴェーダ」という言葉は、サンスクリット語のAYUS(アーユス・生命)とVEDA(ヴェーダ・知識体系または科学)という2つの言葉からできています。つまり「生命の科学」、体・心・感情面でのホリスティックな健康、宇宙と調和した状態を目指すことを目的とします。

アーユルヴェーダによると、私たちは人間として生まれた限り、心身共に健康で長生きすること、物質的な豊かさを築くこと、愛と信頼、尊敬のある人間関係を築くこと、を目標にしなくていけません。なぜなら、人間以外の生物にはそうすることができないからです。人間に生まれたということは、輪廻から解脱するチャンスなのです。私達は、そのゴールに向けて一生懸命に努力すべきなのです。そのためには、自分の「持って生まれた使命」を見つけなければなりません。

それは難しいことではありません。自分の心と魂がエンジョイすること、熱く燃えること、それをすることで金銭的報酬が得られようが得られまいがやりたいと思うこと。逆に、やらないと心と魂が死んでしまうこと。それが「持って生まれた使命」です。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4490616976634420"
data-ad-slot="5318911199"
data-ad-format="auto">